腰痛になる要素や原因は様々です。

腰痛を効果的に治療するのは難しいと言われていますが、様々な手段をとる事ができます。市販薬や治療薬を試す、整形外科に通うなどありますよね。

しかし治療に専念していてもなかなか腰の痛みがとれないという人もいます。その場合、腰痛であっても腰に原因があるわけではない事も考えられます。

腰痛は腰以外にも原因があったのです。
腰痛で悩む男性

原因は腰だけじゃない

実際に腰痛になってしまう人の多くが腰痛だからといって腰にばかり注目してしまいがちですが、施術や治療をやっていて腰痛の改善がなかなかみられないケースも多いでしょう。

人間の体は複雑にできているので、腰のみが悪い事もあれば、腰を痛めて腰痛になっているわけではない場合もあります。

自身やご家族にお心当たりはありませんか?治療院まで足を運ぶのも困難で不安や心配を抱えているかたは訪問マッサージ 名古屋へ相談してみてはいかがでしょうか。辛い痛みが和らぐことで評判ですよ。

病気の可能性もある?

腰が原因ではない腰痛の場合、病気が隠れているケースも考えられます。

例えば次のような病気が、腰痛を伴う病気として知られています。

  • 子宮筋腫
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胆嚢炎
  • 腹部大動脈瘤
  • 胆石症
  • 胆道結石
  • 腎盂腎炎
  • 尿路結石
  • 卵巣嚢腫
  • 卵巣炎

原因不明のケースが多い

腰以外に考えられる原因って何だろう?と考えてみると、原因不明のケースがほとんどで、原因不明の腰痛は85%にものぼります。ヘルニアや脊柱管狭窄症など、原因がはっきりしているケースは15%程度と低いです。
(参考資料:https://hiro-seikotsu.com/post_symptoms/post_symptoms-1508/)

お身体が不自由な方は東村山 訪問マッサージを検討されることをお勧めします。国家資格を持つはり灸師の施術を受けられ、健康保険と介護保険の併用が可能なので安心ですよ。

まとめ

腰は痛いのにレントゲン撮影しても異常がない場合が多いのです。
そのため、腰痛だからといって腰だけが悪いわけではなく、原因が不明の場合もある、あるいは何か病気の可能性もあるという事です。

投稿日:2017年8月29日 更新日:

執筆者: