腰痛についての豆知識

腰痛予防の間違った筋力トレーニング

投稿日:

間違った筋力トレーニングが原因で、腰痛になってしまう事があります。

間違った筋力トレーニングが腰痛を招く!

腰に悪い間違った筋トレ法はいくつかあります。

いきなり過酷な筋力トレーニングをやる

筋力がほとんどついていない状態で突然激しい筋トレをしてしまうと、腰痛につながってしまいます。筋肉はいきなり始めても1~2日でつくものではありません。それでも必死に筋肉をつけようとして、初日からハードな筋トレを行ってしまう人がいますが、これは腰痛の原因となります。

激しすぎる筋トレ

背中が張ってしまい、歩けなくなる程の痛みになってしまう事があります。激しい筋トレは回数が一度に50回と多く、早い動きになる事もあるでしょう。

ストレッチをせずに筋力トレーニングをやってしまう

ストレッチをせずにいきなり筋力トレーニングを行ってしまうのも、腰に負担がかかります。どんな筋肉トレーニングでも運動でも、まずは軽いストレッチを事前に行わなければなりません。

ゆっくりストレッチを行い、体をほぐしてから目的の筋トレを行う事によって、体に負担をかけずに筋トレできるでしょう。

筋トレ後もストレッチは必須

筋トレを終えた後も、ストレッチを必ずやるようにしましょう。負担をかけてしまった筋肉をほぐしてあげるのがこのストレッチの目的になるので、腰痛予防にもなるはずです。

まとめ

誤った筋肉トレーニングは、当然腰痛予防にも改善にもなりません。むしろ腰痛をひどくしてしまうので、上記の事に気をつけながら、少しずつやっていきましょうね。

-腰痛についての豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コルセットはあまり意味がない?

腰痛がひどい時はコルセットを使うといいと言われていますが、「あまり意味がない」という噂も出ています。 コルセットは正しく使わなければせっかくの効果が出ません。そこで今回は、コルセットの効果的なつけ方に …

no image

腰痛は遺伝するの?

腰痛になりやすい人は、遺伝である可能性も考えられます。実際遺伝的な要因もあるのかどうかについて、ご紹介していきましょう。 腰痛と遺伝との関係性は? 腰痛の遺伝子は、同じような行動をした時に腰痛が起こっ …